03-6262-5160

Litmus Automationとは

Loop

Loopは、ビジネスの潜在能力を最大限に引き出し、期待の工業生産・インダストリー4.0に
備えることができる、世界一安全なインダストリアルIoTプラットフォームです。

あらゆる産業機器と安全に接続
素早くそして最大限のROIを実現いたします

Loopは「接続性」・「デバイス管理」・「データ統合」の三段階からなるミドルウェアソリューションです。
デザインにとことんこだわり、IoTに特化したプラットフォームを、
お客様がご利用中しているすべてのアプリケーションに接続することができます。

loop

IIoTプラットフォームを素早く立ち上げる
豊富なモジュール

メッセージキュー

Loop MQでは、強固なセキュリティ対策がなされたフレームワーク、データ確認、認証およびビルトインACLを用いて数百万ものデバイスを途切れなく接続することができます。
Loop MQは、1秒間に何百万ものメッセージを処理しながらMQTTによりリアルタイムで作動し、RESTによりリクエストに応答し、AMQPにより安定した接続を確保します。

データエンリッチャ

ドラッグ&ドロップで操作できるインターフェイスで、データフォーマットおよびデータモデルを即座に再構築することができます。IoTプロジェクトにETLツールを導入する必要はありません。標準的なデータモデルに対応したマーケットプレイスにより2G、3G、4Gの帯域幅を節約しながら、セキュリティとACLをデフォルトで実装しています。 Data Enricherは、様々なシステムから送信されるデータを標準化し、統合することができます。

トリガ

関数、ルール、アラート、複雑なイベント処理を含むJS、Python、Rのアプリケーションバックエンドロジックを記述することができる完全なサーバレスアーキテクチャです。 ランタイムとデザインタイムの機能により、新しいバージョンのコードを素早く作成して公開できます。 様々なサービスのバージョン管理と他のすべてのLoopモジュールとのシームレスな統合が可能です。

データベース

Loopデータベースは、モノのインターネットのための世界初コンテキスト駆動型データベースです。 湿度、温度、圧力などの様々な情報を取得し、Loop DBでアプリケーションの使用状況をコンテキスト化する作業を行います。 これは文脈までも理解できるようなインテリジェンスな機能です。

アプリ

Loop App Builderを使用すると、iOS、Android、Webベースのモバイルアプリを素早く開発し、フル機能のユーザ管理バックエンドコントロールによりオープンソースのソリューションを組み立てる事ができます。 大量のメトリックやウィジェットにアクセスしながら、Webアプリケーションのフロントエンドをコマンド化、視覚化、制御する事ができます。

特徴① あらゆるデバイスと接続

デバイスを接続するだけで、オンプレまたはクラウド上でIIoTのソリューションを導入することができます。
サービス対応デバイスのリストは増え続けています。
現在の接続性に関する詳しい情報を記載しています。

  • 組み込みデバイス

    組み込みデバイス

    独自のデバイスを構築している場合や、既存デバイスに変更を加える場合はC、C++、JS、Python、Lua、Java、Net support(およびその他多くのSDK)を導入し、デバイスをモノのインターネット時代に対応させることができます。

    開発するにあたり、5種類のシンプルなコンポーネントを利用できますが、ほかにも多くのオプションで様々な機能を利用できます。Loopプラットフォームは、MQTT、AMQP、CoAP およびRESTでのコミュニケーションに対応しています。

  • 産業用ゲートウェイ

    産業用ゲートウェイ

    LoopEdgeは、次世代の産業用ゲートウェイのエージェントも装備しています。
    産業用ゲートウェイソフトウェアは、Allen-Bradley, Siemens, ABB, Omron, Mitsubishi, Fanuc, Yokogawa, GE, Honeywellをはじめとする数百種類以上のデバイスに対応しています。
    LoopEdgeはコマンドラインを稼働させるのと同じくらい簡単に導入できます。
    マーケットプレイスにアクセスしてドライバやアプリケーションをダウンロードし、エッジデバイス上で稼働および管理することができます。

  • ゲートウェイデバイス

    ゲートウェイデバイス

    Linux、組み込みLinux、WindowsまたはRTOSをベースとしたゲートウェイあるいは既存のM2Mゲートウェイはお持ちですか?
    LoopゲートウェイエージェントあるいはREST APIを使用することで、ゲートウェイや他のゲートウェイに接続したデバイスのデータ収集を始めることができます。
    さらに、ゲートウェイのエージェントは私達のパートナのネットワーク接続にも対応可能です。

  • 組み込みデバイス

    組み込みデバイス

    独自のデバイスを構築している場合や、既存デバイスに変更を加える場合はC、C++、JS、Python、Lua、Java、Net support(およびその他多くのSDK)を導入し、デバイスをモノのインターネット時代に対応させることができます。

    開発するにあたり、5種類のシンプルなコンポーネントを利用できますが、ほかにも多くのオプションで様々な機能を利用できます。Loopプラットフォームは、MQTT、AMQP、CoAP およびRESTでのコミュニケーションに対応しています。

  • 産業用ゲートウェイ

    産業用ゲートウェイ

    LoopEdgeは、次世代の産業用ゲートウェイのエージェントも装備しています。
    産業用ゲートウェイソフトウェアは、Allen-Bradley, Siemens, ABB, Omron, Mitsubishi, Fanuc, Yokogawa, GE, Honeywellをはじめとする数百種類以上のデバイスに対応しています。
    LoopEdgeはコマンドラインを稼働させるのと同じくらい簡単に導入できます。
    マーケットプレイスにアクセスしてドライバやアプリケーションをダウンロードし、エッジデバイス上で稼働および管理することができます。

  • ゲートウェイデバイス

    ゲートウェイデバイス

    Linux、組み込みLinux、WindowsまたはRTOSをベースとしたゲートウェイあるいは既存のM2Mゲートウェイはお持ちですか?
    LoopゲートウェイエージェントあるいはREST APIを使用することで、ゲートウェイや他のゲートウェイに接続したデバイスのデータ収集を始めることができます。
    さらに、ゲートウェイのエージェントは私達のパートナのネットワーク接続にも対応可能です。

特徴② 世界最先端のデバイス管理

私達は常に標準化を念頭に置いています。Loopデバイスを活用すれば、
オンプレミスまたは世界中で最先端のデバイス管理を実施できます。

特徴③ 収集したデータをすべてのアプリケーションと統合

Loopによるモノのインターネットを「ワンクリック」で統合できるマーケットプレイスをご体験ください。
様々なサードパーティアプリケーションやLoopアプリケーション、あるいは独自カスタマイズしたアプリケーションを統合することができます。

  • オンプレ&遠隔でのモニタリング

    オンプレ&遠隔でのモニタリング

    遠隔でもオンプレでも、Loopデバイス管理コンソールを使えば、デバイスのパフォーマンスとステータスをリアルタイムでモニタリングできます。
    また、デバイスの動作、停止も管理できます。

  • マーケットプレイス

    マーケットプレイス

    私達は、接続済みのデバイスを簡単に統合できるIoTマーケットプレイスを提供しています。
    Databases、Big Data、CRMs、ERPs、Visualizersをはじめとする日頃からお使いの企業システムとIoTセンサーデータを統合できます。

  • お客様の利便性を重視

    お客様の利便性を重視

    私達のLoopは、システムインテグレータ、グローバルソリューションのサービスプロバイダ、MSP、およびハードウェアOEMの皆様が簡単にソリューションを構築できるようになっています。

  • オンプレ&遠隔でのモニタリング

    オンプレ&遠隔でのモニタリング

    遠隔でもオンプレでも、Loopデバイス管理コンソールを使えば、デバイスのパフォーマンスとステータスをリアルタイムでモニタリングできます。
    また、デバイスの動作、停止も管理できます。

  • マーケットプレイス

    マーケットプレイス

    私達は、接続済みのデバイスを簡単に統合できるIoTマーケットプレイスを提供しています。
    Databases、Big Data、CRMs、ERPs、Visualizersをはじめとする日頃からお使いの企業システムとIoTセンサーデータを統合できます。

  • お客様の利便性を重視

    お客様の利便性を重視

    私達のLoopは、システムインテグレータ、グローバルソリューションのサービスプロバイダ、MSP、およびハードウェアOEMの皆様が簡単にソリューションを構築できるようになっています。

よくある質問

Litmus Automationは何を行うものですか?

Litmus Automationは、モノのインターネット(IoT)アプリケーション配備のためのクラウドを用いたエンドツーエンドプラットフォームを提供しています。それはデバイスセンサを管理する信頼できるミドルウエアプラットフォームであり、CRM、ERP、複雑なデータベースのような企業アプリケーションにデータを送信することも可能にするミドルウェアプラットフォームのようなものです。

ミドルウェアとは何ですか?

ミドルウェアとは、二つの異なるアプリケーションあるいはエンドポイントを接続するソフトウェアを指します。弊社のエンドポイントは、デバイスとアプリケーションです。

Litmus Automationが解決できる問題は何ですか?

現在、モノのインターネットが主流になりつつあります。それに伴い、ビジネスではデバイスをインターネットに接続し、リアルタイムの分析を迅速に行う必要性が発生しています。接続自体はそのまま簡単にできても、セキュリティの拡張性、将来の保証など、様々な懸念が浮上します。デバイス1台あたりの値段と開発に要する期間(通常4-6か月間ですが、最大2年間かかる場合もあります)とコストは大きな障害になります。しかし、私達はセキュリティの確保された拡張性のあるアプローチができる主要製品Loopをお届けし、全ての問題を解決いたします。

Litmus Automationのサービス・機能