03-6262-5160

Litmus Automationとは

Loop Edge

世界初の最先端インダストリアルIoTマーケットプレイス

ほぼすべての産業デバイスおよびシステムに途切れなく接続することで、
現場からクラウドあるいは社内企業システムにデータを処理および統合できるようになっています。

様々なデバイスに接続し、
コーディング不要のシームレスなアプリケーション開発を実現

Loop Edgeでは、非常に多くのドライバをサポートし、様々なデバイスとの接続が可能です。
また、フローベースのUIでの設定・開発でコーディングが不要となり、簡単・迅速なアプリケーションの構築が可能となります。

IIoTプラットフォームを素早く立ち上げる
豊富なモジュール

LoopEdgeにはカスタマイズして構築されたドライバ(16種類以上で、増え続けています)が含まれており、ドライバのマーケットプレイスからアクセスできます。これらのドライバは双方向通信における共通のデータフォーマットとデータ統合の機能を有します。さらに、顧客向けの独自に構築したドライバを提供し、LoopEdgeから簡単にアクセスおよびダウンロードできます。

アプリケーションのマーケットプレイスには、Litmus Automationあるいはパートナのベンダーアプリが提供するデータベース、CEPツールおよびデータ分析が含まれています。お客様の顧客が全てのゲートウェイにデフォルトでアクセス可能なプライベートアプリのマーケットプレイスを活用することもできます。マーケットプレイスはLinux LXC/ dockerアプリケーションで運用しており、設備はクラウドレベルの管理インターフェイスから管理できます。

ドライバをダウンロードし、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるインターフェイスを活用し、シングル・ポイント・データアクセス・ネットワークでデータを収集できます。LoopFlowsには機能に基づいたプログラミングメカニズム、ルールおよびアラートエンジン、さらにイベントプロセシングツールが備わっており、シームレスなアプリケーションの設備と開発を実現しています。LoopFlowsはLoopedge内のエンジンにより、殆ど全てのレガシープロトコルおよび資産から簡単にデータ収集を実施できます。

ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるインターフェイスを用いれば、loTプロジェクトにETLツールを追加しなくてもデータフォーマットおよびモデルを迅速に再構築することができます。セキュリティとACL機能がデフォルトで組み込まれており、さらに2G、3G、4Gの処理能力コストを節約できます。また、完全な標準データモデルを用いたマーケットプレイスがデフォルトで利用可能です。Loopのデータエンリッチァは、様々な種類のシステムに由来するデータを標準化し、統合できます。

読み込み可能な最新データが保存されたストレージにより、あらゆるアプリケーションはデータにアクセスできます。これらのデータは構造化されたJSONおよびREST APIによりアクセス可能です。処理されたデータはクラウドコネクタによってデータハブに直接アクセスできるようになります。

様々な機能で安全・安心・簡単を実現

  • 産業デバイスの接続

    ドラッグ&ドロップで簡単操作

    ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるインターフェイスLoopFlowsを用いて様々なレガシーあるいは近代システムからデータを収集できます。

  • コーディング不要

    コーディング不要

    幅広く対応可能なUI及びフローベースの設定により、ソリューションを容易に構築できます!

  • 安全なアクセス

    安全なアクセス

    デバイスに高度なSSHトンネルを用いて離れた場所に設置されたネットワークあるいは顧客のネットワーク内のゲートウェイにアクセスできるようになります。

  • 無料ドライバ/アプリケーションが利用可能

    無料ドライバ/
    アプリケーションが利用可能

    Ethernet / IP、Modbus RTU、TCP、Profinet / S7、RS232、RS485、OPCUAなどといった無料ドライバを利用可能です。
    アプリケーションはLoop Apps、CEPツール、アナリティクス、データフィルタリング、データベースをはじめとする公共のマーケットプレイスからもダウンロード可能です。

  • プライベートマーケットプレイスも利用可能

    プライベートマーケットプレイスも
    利用可能

    LoopEdgeはOEMやSIといった手法により顧客に向けたアプリケーションおよびドライバのプライベートマーケットプレイスを提供できます。ホワイトレーベルのOEMソリューションを使ってアプリケーションを作成し配布して収益化できます。

  • アプリケーションを容易に配備

    アプリケーションを容易に配備

    Edgeではマーケットプレイスにあるアプリケーションを容易に配備し動作させることができます。
    アプリケーションの種類(一部):データフィルタリング、分析、CEP、データエンリッチメント、ルール、アラートエンジンなど、その他多数

  • データ送信時の異常を瞬時に検知

    データ送信時の異常を瞬時に検知

    セキュリティの問題を特定し、報告する機能を有します。アクセス異常、外部ハッキング、および認められていないデータ送信を瞬時に検知することができます。
    帯域使用状況の分析と完全な分析によってSSLセッションか否かを気にする必要はありません。

  • 安全な遠隔デバイス管理

    安全な遠隔デバイス管理

    ゲートウェイは、デフォルトでLoopCloudに自動セットアップおよび登録されます。
    Loopデバイス管理パッケージソフトでは、デバイスを安全に遠隔モニタリングできます。

  • サードパーティクラウド統合

    サードパーティクラウド統合

    フィルタリングした処理済みデータをLoopCloudまたはサードパーティのクラウドコネクタに送信し、エンドツーエンドソリューションを作成できます。

LoopEdge対応デバイス

  • Ubuntu Linux
  • Package via apt-get
  • Debian Linux
  • mate-loopedge file
  • Yocto Linux
  • Package via deb
  • Wndows 10
  • Virtual Machine
  • Ubuntu Core / Snappy
  • Ubuntu Snaps
  • Direct OS Image
  • Load from USB / LoopCloud
  • Arch Linux
  • Device manager
  • FreeBSD

よくある質問

Litmus Automationは何を行うものですか?

Litmus Automationは、モノのインターネット(IoT)アプリケーション配備のためのクラウドを用いたエンドツーエンドプラットフォームを提供しています。それはデバイスセンサを管理する信頼できるミドルウエアプラットフォームであり、CRM、ERP、複雑なデータベースのような企業アプリケーションにデータを送信することも可能にするミドルウェアプラットフォームのようなものです。

ミドルウェアとは何ですか?

ミドルウェアとは、二つの異なるアプリケーションあるいはエンドポイントを接続するソフトウェアを指します。弊社のエンドポイントは、デバイスとアプリケーションです。

Litmus Automationが解決できる問題は何ですか?

現在、モノのインターネットが主流になりつつあります。それに伴い、ビジネスではデバイスをインターネットに接続し、リアルタイムの分析を迅速に行う必要性が発生しています。接続自体はそのまま簡単にできても、セキュリティの拡張性、将来の保証など、様々な懸念が浮上します。デバイス1台あたりの値段と開発に要する期間(通常4-6か月間ですが、最大2年間かかる場合もあります)とコストは大きな障害になります。しかし、私達はセキュリティの確保された拡張性のあるアプローチができる主要製品Loopをお届けし、全ての問題を解決いたします。

Litmus Automationのサービス・機能